若者達が結婚しない理由は何?その謎は??対策はどうするのか?

「ただいま。」

と言っても返事のない我が家。

手には寄り道して買ったローソンのカルボナーラ。

それをレンジで温めて一人寂しく借りてきた東京ラブストーリーを見ながら食べる日々。

休日にすることはネットサーフィンかDVDを借りにいくくらいしかない。

こんな生活を死ぬまで続けたいですか?

「そんな生活は絶対に嫌だ。」

嫌ですよね。

嫌だと思ったあなたは潜在意識に結婚して幸せな生活を送りたいという願望があります。

「しかし仕事と家の往復で今から出会う時間が・・」

と言う方には、隙間時間でできる婚活アプリで活動することをオススメします。

今の時代スマホ1つで隙間時間に婚活ができます。

わざわざ時間をかけてパーティー会場に出向いたり結婚相談所に行って職員と話し合うことは必要ありません。

「けど婚活アプリって昔出会ってから犯罪に巻き込まれたりとかしてなかった?」

確かにこの手のイメージを持つ方もいますが、これは完全無料のアプリを使ったために起こったことです。

完全無料のアプリは意識が低い人が多く、一夜限りの関係を求めている人も多々います。

そんな所で結婚相手を探しても無駄です。

本気で結婚相手を探すなら「絶対に有料の婚活アプリ」で活動するのがいいですよ。

その中でも31日間無料キャンペーンがあるyoubrideを特にオススメします。

youbrideは婚活をしている上での相談事が発生した場合でも24時間365日でサポートを行っておりますので、迅速に対応してくれます。


さらに、プライバシー保護のため写真の公開も3段階で変更することができますので、状況に併せて公開設定を変えることも可能です。

庄太郎
私がアドバイスした妻の後輩もyoubrideで活動して結婚できております。 さらに、私の友人はyoubrideへ入って1年で結婚できました。

今ではお二方とも温かい手料理に囲まれてテレビを見ながら談笑する和気藹々とした家庭になっております。

友人の方は無邪気な男の子がいて、妻の後輩はお腹に新しい命が宿っております。

私自身この成功を見て幸せに感じております。

この幸せな生活を手に入れませんか?

今なら31日間無料キャンペーンを行っておりますよ。

※社会人が本気で結婚相手探しを行なっている所ですので、18歳未満の方は登録しないでください。

※登録層からして20代半ば以降から活動したら成果が出やすいですよ。

庄太郎
私の同級生も半分以上結婚しておりません。

「なぜ結婚しないのだろう・・・」と思いますね。

なぜ結婚しないのか、独身の友人数名(男性女性含めて)に聞いてみました。

私個人的には「色々あるけど結婚した方がいいのに・・」と思います。

「結婚したくない。」

本当にこう言った声が身近な若者達から最近良く聞こえてくるんです。

しかも中々強めに。

結婚という言葉に余程何か嫌な事でもされたのかと思ってしまうぐらい、嫌なイメージを持っている方もいます。

その声を初めて聞いた時は「このままだと少子化が進んでしまう」と、日頃日本の明るい未来を願う私はとっても焦っていました。

私の友人は20代の頃は遊びと仕事に忙しく、結婚願望なんて全くと言って良いほど無かったのですが

「今はまだ結婚したくないな。」という言い方をしていました。

この微妙なニュアンスの違いは大きいと思います。

「結婚したくない」と言い切ってしまうのは何か原因があるのかな?と思い、友人数名に話を聞いてみることにしました。

若者達はなぜ結婚したくないのでしょう?

そうなってしまった原因を、私の友人数名の声を元に解明して行きたいと思います。

そしてなんとか若者達に結婚したいと思って貰えるように何か対策を考えて、お節介をそれはもうこんがりと焼きたい次第でございます。

単純にもっと遊びたい

 

この意見は男女共に多かったです。

遊びたいという気持ち、凄く良く分かりますよ。

だって出来る事なら若いうちに沢山遊んでいたいですよね。

ただこの「遊び」がどういう「遊び」なのかにもよると思うんです。

いわゆる「遊び人」と言われる人の異性との遊び方だと、さすがに結婚したらできないですものね。

それは気が済むまで遊んでもらって、遊んで遊んで遊び飽きたら誰かと結婚して下さいとしか言えないです。

「友達と頻繁に遊びにも行けなくなるし、好きな時間に自由に遊びに行けないのが嫌だ」

という声も一部ありました。

これも、もう仕方ないですよね。

結婚したら奥さんや旦那さんを是非とも大切にして頂きたいですものです。

「まだ若いから遊びたい」この言葉が一体何歳まで使えるのでしょう?

何歳になったら遊び飽きるのでしょうね。

私の友達の「自称遊び人」は、35歳になってもまだまだ遊び足りていないみたいです。

今でも遊びまくってます。

私の婚活時代に知り合った女性は、28歳頃にやっと覚悟を決めて遊びに終止符を打ったと言っていました。

子どもを考えた時に、ある程度の年齢で結婚しておかないと遅いなと気が付いたらしいんです。

今の若い方も、結婚や出産が早いほうがいいと気付き始めている子はぺこ&りゅうちぇるのように、20代での結婚を希望している人もいるといいますから、極端なんでしょうね。

経済的な不安

 

これは男性が口を揃えて言っていたのですが、この不景気で給料も安く結婚しても相手を養って行く自信が無いと言っていました。

「子どもが出来たらもっとお金がかかるだろうし、習い事や塾に通わせてあげれないかも。」

と一丁前に心配する声もありました。

でもこれは結婚や相手に対して真面目に考えているので良い心配だと私は思います。

結婚してから経済的理由で離婚だなんて事になったらそれこそ悲しいですものね。

よくよく相手と話合って、二人で協力して共働きで家計を支えて行くのかどうか決めて欲しいところです。

今の時代共働きが主流になりつつありますから、夫婦で助け合ってやりくりしてる家庭が多いのかと思うのですが、どうなのでしょう?

私の友人の話なのですが、やっぱりある程度稼いでいる男性でないと無理だと言っていました。

なぜなら女性は出産と育児で収入が激減あるいはなくなる恐れがあるからです。

二人でやっと一人前の収入だと、子どもを産むのが怖いとのことでした。

確かに、それはそうですよね。

万が一女性が何らかの理由で復帰できないとなったら、マズイですから。

そうやって色々考えていくと、結婚に二の足を踏んでしまうのも理解ができてしまいますね。

おこづかい制が我慢できない

もう1つ聞こえたのが「お小遣い制になるのが嫌だ」という意見です。

これは良くテレビで見かけるサラリーマンのお父さん達が、月に1万円や2万円しかお小遣いが貰えないというイメージが強いんでしょうね。

「一生懸命働いて稼いで来てそれだけしか貰えないの?」とガッカリしてしまったと言います。

お小遣い制の家庭は奥さんがやりくり上手で、家計をガッシリ握ってるイメージですよね。

言い方は悪いですが恐妻的な感じが当てはまると思います。

これも前もってお小遣い制にするのかどうか相手と良く話合って欲しいです。

私の友人夫婦は財布も別々でお互いの給料も分からないと言っていてビックリしました。

家賃や光熱費など払うものを分けて、余ったら貯金とそれぞれ自分達のお小遣いにするそうです。

恐らくですが二人とも稼ぎが良いからお財布を別々に出来て、収入も気にならないのでしょうね。

払うものさえ払っていれば良いということでしょう。

お小遣い制が嫌だったら頑張って働いて稼いで来て下さい!

としか言えないです。

これからの時代どんどん物価も上がる中給料が上がるかどうか複雑な所があります。

その時代の流れに乗って企業の中には副業がOKになる会社も増えてきております。

本業の給料だけでは不安のある方は副業OKの企業でしたら、本業に支障のない範囲で副業を行って少しでも稼ぐことをお勧めします。

月給にプラスαであるだけでもかなり違いますよ。

結婚に憧れを抱けない

 

この声も中々多かったです。

最近テレビなどで芸能人の不倫報道が良く流れていますよね。

連日の不倫報道に女性達はげんなりしてしまっているそうなんです。

「結婚してもどうせ不倫するんでしょ?」

という結婚に対してマイナスイメージがついてしまっているみたいです。

これは私の個人的な意見なのですが、芸能人の不倫報道なんて本当に興味が無いし、もっとニュースにしなきゃいけない大事な事があるんじゃないかと思います。

「本人達にとっても見ている方にとってもマイナスでしかないな」と思います。

なので、私はテレビは全く見ないですね。

ただ、個人的にはプライベートな事なのにあんなに大々的に放送されてなんだか気の毒で仕方がないような気がします。

不倫する人が悪いのは勿論ですが、それは家族間の中でやれば良い話じゃないのかなと思います。

全てさらけ出されてしまう芸能人は華やかですが大変なお仕事ですね。

既婚者の自虐風自慢を真に受けているパターン

あとはごく一部の上手く行っていない夫婦の話や愚痴を聞いてマイナスイメージがついてしまうケースもあるみたいです。

ですが皆さん、中々お友達とかに結婚の良さやノロケをアピールする人って少なくありませんか?

心理的な話になりますが、良い話より悪い話のほうが聞いていて、気持ちよくなる率が高いので無意識にそういう話し方になってしまう場合もあります。

仲が良いお友達などには愚痴を聞いてもらいたくて、つい旦那さんの愚痴を言ってしまう事もあると思うのです。

嫌いじゃないけどつい愚痴を言ってしまい、本心ではないのに聞いてる友人に本心だと思われてしまうとややこしいですが、聞いてる方からすれば「本心じゃなければ言わなければいいじゃない」と思ってしまうものです。

まだ結婚していない方からしたらきっと、「この夫婦大丈夫なのかな?」って思ってしまいますよね。

既婚者の皆さんにお願いです。

結婚していない子と結婚の話をする時にはなるべくマイナスイメージを付けないようにしてもらいたいです。

ノロケまでは行かない、結婚して良かった事などをあくまでさり気なく話して、結婚に対してプラスのイメージを持たせてあげて欲しいのです。

これで上手く行けばストップザ少子化です。

彼女からの圧が凄いから逆に逃げたくなる

 

全く逃げ腰の男性達には困ったものです。

長く付き合っていれば結婚したいという願望は出てくると思うんです。

何年も付き合っていて結婚の言葉が出てこない。

女性からしたらとっても不安ですよね。

その何年かの時間が無駄になる可能性もありますし。

だから結婚を意識させる行動や言動をしてしまったりするんだと思います。

結婚情報誌を見える場所にそっと置いてみたり、最近結婚や出産した友達の話をしてみたりする方法もあるみたいです。

焦るのはとても良く分かりますが、女性達はもう少しだけ圧力を弱めに、でも巧妙に彼からプロポーズの言葉を引き出せるように頑張ってみて下さい。

男は攻められたり追われたりすると逃げる生き物だと思うんです。

なんだかネコみたいですね。

ネコのように可愛いがりたくは無いのですが。

女性が20代中盤に差し掛かっても長い事付き合っていたら彼氏はある程度構えていて、もしその気が無ければなんとか早めにお別れしてあげて欲しいです。

恋愛をまた新たに始めるのは気力も体力も時間もかかりますし、人によっては別れてから立ち直るのに時間もかかりますよね。

若い人には少し難しいかもしれませんが、お付き合いするからには結婚まで意識して恋愛を始めて欲しいものです。

彼女がいるそこの男性のみなさん、是非とも肝に命じておいて下さい。

女性の社会進出による男性の弱体化

 

「私は多分そこらの男より稼いでるし、家事とかもしたくない。結婚するメリットが無いんですよね。」

これは独身のキャリアウーマンの先輩が言っていた言葉なのですが、いかに現代の女性が強くなってきているかが分かる言葉です。

確かに自分に経済力があって仕事もやりがいがあり、お一人様に寂しさを感じなければ特に結婚を考える事も無いかもしれないですね。

自分の子どもが欲しいなど、結婚しなきゃ出来ない事をしたいと思わない限り考え方がなかなか変わらないと思います。

結婚しなくても作ろうと思えば作れますが、出来ればそれはしないで頂きたいです。

この先輩には彼氏がいますが特に結婚したいとは思っていないみたいです。

メリットを感じないから結婚しないとのことです。

結婚ってメリットを考えるものなんでしょうか?

私は単純に「この人とずっと一緒にいたい」と思ったから結婚を決めました。

結婚はもっと感情的で感覚的なものですよ。

古い言葉で言えば、ビビッと来るか来ないか。

そんな感覚で決めてしまっても良いんじゃないかなと思います。

家事もしたくないと言っていましたが、近年は共働き家庭が増えているのもあって、家事も分担して行うなど対等な関係の夫婦が増えているのではないかなと思います。

何も女性だけが家事をする事が絶対では無いし、奥さんに経済力があれば喜んで専業主夫を買って出てくれる人もいるかもしれないですよね。

私の友人が独身の頃、「俺は働きたくないから専業主夫をやりたい」ととんでもない事を言っていた事を言っていた事があります。

後に彼は結婚しましたが、奥さんが稼げる人では無かったのでその願いは叶いませんでした。

世の中そんなに甘くないです。

きっかけが無いと結婚したいと思わない

 

私の周りの友人に聞いた中ではビックリする事にこの意見が一番多かったです。

付き合って同棲していれば結婚生活と同じようなものだし、結婚しようと思うタイミングが分からない。」のだそうです。

確かにそうかもしれないですね。

同棲していたら期限でも決めていない限り、ダラダラとタイミングを逃していってしまうかもしれません。

海外などでは事実婚という籍は入れていないけど結婚しているも同然な関係があり、そういう関係もアリなんじゃ?と思っている子もいました。

ただ日本は世間体を気にする国なので中々それは浸透していかなそうですよね。

やはり色々の人の目が気になってしまいそうです。

じゃあどのタイミングで結婚するの?

それはズバリ大きな環境要因が発生した時です。

私の場合は祖母が脳梗塞で入院して生死の境目であるヤマを超え、お見舞いに行った時、たまたま起きてた時と重なったので、その時に「今の彼女と結婚する」と言いました。

その前から今の妻には結婚する旨言ってましたが、私の家族に言ったのはこれが初めてでした。

ここから一気に進展しましたね。

それ以外の方法としては、授かり婚をするのも1つの方法ではあります。

「赤ちゃんが出来たみたい」

よくドラマで見るワンシーンです。

赤ちゃんが出来てやっと結婚する覚悟を決める男性が多いんですね。

そしてここでの反応がまた大事です。

子どもが出来たと聞いてどんな反応をするのかを見ます。

最近草食系男子が多くなってきましたが、ここが男らしい覚悟の見せ所でもありますよ。

・喜んで受け入れるのか

・明らかに動揺して「考えさせて」というのか

すみれ
もし私だったら後者の意見ですと口いっぱいにほうれん草を詰め込みます。

そして、私の友人が「娘が大きくなったら絶対に伝える!」と言ってた話を紹介します。

妻の友人が娘に伝えたい話

男は、その場の快楽だけで、何も考えちゃいない。

自分の身を守れるのは自分だけだから、その場の空気に流されずしっかりと考えなさい。

そしてしっかりと意思表示をして嫌がるような男はクズだから別れなさい

すみれ
そう伝えると言っていました。

確かに、そうなんです。

女は家政婦ではないですから、結婚しない同棲なんて女にとってはデメリットしかないんです。

もし、妊娠してしまったら?

もし、後戻りできない年齢で捨てられたら?

同棲経験がある女はバツイチと一緒という男性もいるぐらいです。

女性は同棲をするなら、結婚までの期間限定の約束をしっかりと取り付けてください。

庄太郎
相手の男性がどれくらい本気にしているか測るためにも、いつ入籍するか事前に聞くのも1つの手です。

ちなみに、私はすみれと同居した時には入籍日を決めておりました。

男性達、結婚するつもりが無いなら女の子を泣かせないようにそこはちゃんと準備して下さいね。

いずれ結婚するつもりがあるならきっかけの1つとして授かり婚でも私は良いと思います。

実際授かり婚で幸せになった夫婦も沢山いますよね。

芸能人も授かり婚が多いような気がします。

まとめ

 

若者達が結婚しない理由と原因とは、

  • もっと遊びたいから
  • 経済的に不安があるから
  • 結婚に憧れが抱けないから
  • 彼女からの圧力が凄いから
  • 女性が強くなったから
  • 結婚するきっかけがないから

という内容が多かったような印象を受けました。。

総じて若者達は結婚に対してあまり良いイメージは無いように思います。

それは世間が作り出した闇でもあるのかな?と思ったり思わなかったり。

もっと若い方に結婚っていいなと思って貰えるように、ハッピーなニュースや情報を沢山流して良いイメージをつけてあげて欲しいものですね。

結婚って良いものですよ。

少なくとも私は結婚して幸せですよ。

この幸せな世界にみなさんもきませんか?

今の時代インターネットを使えば普段の生活の垣根を超えた方々と出会うことも可能ですよ。

「出会いがない」と思われている方は特にインターネットを使った方がいいです。

普段の生活で出会えれたら「出会いがない」とは言ってないはずです。

今「出会いがない」と言うことは、普段の生活で出会えれてない証拠です。

普段の生活という膜から一歩抜けた世界で活動してみませんか??

でも、行動するには不安が・・・

と言う方は、こちらの記事を読んで見てください。

私自身婚活を4年ほどして結婚しております。

そして、私の場合は婚活パーティーを中心に活動しておりましたが、その中でも「これはドン引きだ!」というパターンを紹介しております。

もしこう言う行動をしている方がいましたら、ぜひ改めてくださいね。

今までの婚活で出会った!男性がドン引きする女性のパターンは?

2018年8月26日

今までの婚活で出会った!女性がドン引きする男性のパターン

2018年8月25日

さらに、婚活アプリを使い、350人以上の方とメッセージ交換を行い、7人目にお会いした女性と結婚を果たした友人の体験談はこちらになります。

その中でも、特に良いものを厳選しました。

婚活アプリによる、プロフィール作成の極意!見逃し厳禁!!

2018年9月28日

婚活アプリでのメッセージ交換の極意!見逃し厳禁!必勝婚活!!

2018年9月22日

そして、友人が結婚前持っていた理想と結婚後に感じた現実について語っているのはこちらになります。

この記事を読んでも婚活したい!と思った方は即行動してください。

婚活時の理想と結婚後の現実とは!必見!自分の本心はどっち??

2018年11月25日

さらに、私自身婚活パーティーを主とした婚活を4年近くしてまして、その時の反省点とかを語っております。

婚活パーティーに不安のある方は一読してみてください。

婚活をして結婚した私が思う本音とは?効率的な婚活方法は?

2018年11月28日

 

すみれ

彼氏と失恋してから恋愛ドラマを見て「こんな恋がしたい!」と空想にふけっていませんか?


「自分磨き!」と言ってメイクアップスクールや趣味に没頭してませんか?


失恋してすぐでしたらそれでも構いませんが、あまり長く続けると結婚に適した時期を過ぎてしまいます。


「出来るだけ早く立ち直って次の相手を見つける。」

これが一番の特効薬になります。


私の高校の同級生が失恋してから趣味に没頭していたのですが、叔母の急死をきっかけに婚活をする!という決断をしました。


ただ、一筋縄では行かなかったみたいなので、私と主人がアドバイスした所、4ヵ月で付き合う相手が見つかり、1年で結婚できました。


結婚報告を聞いた時には主人と共にかなり喜びました。


どのようにして相手を見つけれたか?


ほとんどの方が思っている価値観のおかしい所とは?


詳しいことはこちらを参照してくださいね。




運営者の庄太郎さんと異なり、私は最初から婚活アプリ中心で活動しました。


私が婚活を始めた時は30代も半ばであり、職業も自営業(フリーランス)と言う婚活市場ではかなり厳しい条件で活動しておりました。


中には出会って5分でフェードアウトされたこともあります。


しかし、そこで挫けずに婚活をした結果、私は婚活アプリに登録してから1年で結婚できました。


私のような一般的に条件が厳しいと言われている中でもくじけずに活動すれば結婚できます。


私も婚活アプリに登録する前には色々な婚活を試して挫折し、絶望を味わいました


その時の話はこちらになります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です