生涯独身者による結婚のススメ!女性が後悔しないためには?

「ただいま。」

と言っても返事のない我が家。

手には寄り道して買ったローソンのカルボナーラ。

それをレンジで温めて一人寂しく借りてきた東京ラブストーリーを見ながら食べる日々。

休日にすることはネットサーフィンかDVDを借りにいくくらいしかない。

こんな生活を死ぬまで続けたいですか?

「そんな生活は絶対に嫌だ。」

嫌ですよね。

嫌だと思ったあなたは潜在意識に結婚して幸せな生活を送りたいという願望があります。

「しかし仕事と家の往復で今から出会う時間が・・」

と言う方には、隙間時間でできる婚活アプリで活動することをオススメします。

今の時代スマホ1つで隙間時間に婚活ができます。

わざわざ時間をかけてパーティー会場に出向いたり結婚相談所に行って職員と話し合うことは必要ありません。

「けど婚活アプリって昔出会ってから犯罪に巻き込まれたりとかしてなかった?」

確かにこの手のイメージを持つ方もいますが、これは完全無料のアプリを使ったために起こったことです。

完全無料のアプリは意識が低い人が多く、一夜限りの関係を求めている人も多々います。

そんな所で結婚相手を探しても無駄です。

本気で結婚相手を探すなら「絶対に有料の婚活アプリ」で活動するのがいいですよ。

その中でも31日間無料キャンペーンがあるyoubrideを特にオススメします。

youbrideは婚活をしている上での相談事が発生した場合でも24時間365日でサポートを行っておりますので、迅速に対応してくれます。


さらに、プライバシー保護のため写真の公開も3段階で変更することができますので、状況に併せて公開設定を変えることも可能です。

庄太郎
私がアドバイスした妻の後輩もyoubrideで活動して結婚できております。 さらに、私の友人はyoubrideへ入って1年で結婚できました。

今ではお二方とも温かい手料理に囲まれてテレビを見ながら談笑する和気藹々とした家庭になっております。

友人の方は無邪気な男の子がいて、妻の後輩はお腹に新しい命が宿っております。

私自身この成功を見て幸せに感じております。

この幸せな生活を手に入れませんか?

今なら31日間無料キャンペーンを行っておりますよ。

※社会人が本気で結婚相手探しを行なっている所ですので、18歳未満の方は登録しないでください。

※登録層からして20代半ば以降から活動したら成果が出やすいですよ。

すみれ
私が以前臨時職員として働いていた所では独身の方が多くいました。

独身の人もシングルライフを満喫している方もいれば、結婚できなかったことを後悔している方もいます。

今回は独身でいたことを後悔している40代後半の方を紹介します。

近頃は結婚しない人が増えていて、未婚の高齢者も珍しくなくなりつつありますね。

「生涯独身」

という言葉に、あなたはどんな感情を抱くでしょうか。

「寂しそう」

「そうはなりたくない」

という感想が一般的だと思いますが、中には「自分もそうなりそうだ」と思った人もいるのではないでしょうか。

若いうちはまだ現実味がなく、深く考える機会も少ないことでしょう。

「結婚しないって決めてるわけじゃないけど、別に一生独身でもいいや。

と軽く考えている人がいたら、生涯独身とはどういうものか、その世界を覗いてみた方がいいかもしれませんね。

まだまだ先のことと思っていても、時間はあっという間に過ぎ去っていくものです。

「生涯独身」への道を突き進む先輩たちの話をもとに、考える上でのヒントを具体的に取り上げてみました。

後悔しないためにも、独身者の未来について少しだけ真剣に考えてみませんか。

生涯独身に繋がる環境と意識

 

社会形態や意識の変化に伴って、独身女性の生活スタイルも実に様々ですね。

物事にはすべてにおいてメリットとデメリットが存在します。

先輩の体験も交えつつ、思うところをいくつか挙げてみました。

独身者であることのメリット

  • 時間を自由に使える

最大の利点といえば、これですね。

すべての独身者に当てはまるわけではありませんが、一般的な既婚者と独身者を比較した場合、真っ先に挙げられるポイントの一つです。

仕事以外の時間を自分のためだけに有効活用できるのですよ。

こんな贅沢はありませんし、実に魅力的なことですよね。

既婚者でも上手に時間を使っている人はたくさんいますが、当然のことながら制約が多いのが現状です。

  • お金を自由に使える

これも個人差はありますが、大きな利点の一つです。

親が元気で配偶者も子どももいなければ、貯金しようと散財しようと自分の自由ですよね。

老後などずっと先のことだと思っていた20代半ば、先輩は趣味やオシャレに好きなだけ使いまくっていたそうです。

貯金も少しずつはしていましたが、使った分、また働けばいいと単純に考えていたからです。

それに若い時にしか経験できない楽しみというものもありますね。

仕事をしっかりした上で、若者は大いに遊ぶべきであり、独身のうちは大いに恋愛すべきだと、先輩は今もそう思っていると話していました。

  • キャリアアップに専念できる

結婚を機に退職したり、キャリアアップを諦めてしまう女性が多い中、男性同様のフットワークの軽さを持ち、仕事に打ち込めるのも独身女性の強みです。

中にはそこまで昇進は望まないという人もいるでしょうが、そうでない場合はスキルを磨く努力を怠らないことが肝心です。

ぼんやり仕事をこなしているだけでは、優秀な既婚女性や後輩たちにあっさり追い抜かれてしまいますからね。

仕事に打ち込むことができるなら、それはチャンスへの近道となるでしょう。

  • 静かにゆっくり休める休日

家事は終わりのないものであり、それに介護や子育てが加われば年中無休となります。

家のことを手伝う夫が増えているとはいえ、体調が悪くてもなかなか落ち着いて休めないという既婚女性が多いのが現実です。

先輩の友人もそんな既婚女性の一人で、何度も子守りなどの手伝いをしたそうです。

家庭の事情にもよりますが、その点、一般的な独身女性は落ち着いて休養をとることが可能です。

実家暮らしで親が家事をしてくれている場合など、ますます居心地が良くなっていくでしょう。

独身者であることのデメリット

  • ふと感じる孤独感

これは経験したことがある人も多いのではないでしょうか。

普段は気楽な独身生活を謳歌し、何の不満もないはずなのに、ふと幸せそうな友人家族を思い浮かべた時などに孤独を感じて寂しくなるという現象ですね。

子孫繁栄のための本能がもたらす自然で正常な反応ですが、そんな理屈を知ったところでどうにもできるものではありません。

一瞬でも感じる寂しさは確かに本物なのです。

もしその感情が長く続けば、自然に結婚願望が強くなっていくのかもしれません。

  • つきまとう疎外感

三十路も過ぎれば既婚率はグンと上がり、友人と集っても家庭の話題が多くなっていきます。

信念を持って仕事に打ち込んでいても、そんな時にはどうしても疎外感を覚えてしまうのも事実です。

仕方のないことですが、これもまた寂しいものですね。

親しい友人がすべて20代で既婚者となった先輩の場合、そんな時は聞き役に徹するか、子どもたちの遊び相手に徹するかのどちらかだったと話していました。

友人に気を使わせまいと同じような対処をしている人がいたら、くれぐれもストレスをためないように気をつけてくださいね。

  • 周囲の視線と言葉

これも仕方のないことですが、周囲の視線というものは結構あからさまなものです。

無言ならまだいい方かもしれません。

まるで結婚しないことが罪であるかのごとく、面と向かって嫌味を言ったり説教をしてくる人もいるのですから。

先輩が友人の子どもたちをつれて散歩をしていた時、近所のおばさんにこう言われたそうです。

「あーらまあ、あなたも子どもがいてもいい歳なのにねぇ。」

大きなお世話だと思いつつも、その当時は先輩も「そうですねー」と受け流すだけの余裕がありました。

でもデリケートな女性ならグサッと傷ついてもおかしくない場面ですよね。

すみれ
先輩が話したのはほんの一例でこのようなことは日常茶飯事だったみたいです。

いくら自分で選択した生き方に自信を持っていても、周囲に理解されない現実を突きつけられることは、ショックで悲しい出来事であることに違いはありません。

  • 厄介な善意

先輩が20代だった頃、上司や先輩たちに挨拶代わりのように聞かれた言葉があります。

それは「彼氏はいるの?」というプライベートに大きく踏み込んだ質問でした。

今思い出しても不快になるそうですから、現代ならセクハラと認定されてもおかしくありませんね。

「いません」と答えた場合、次に来るのは「甥っこを紹介したい」とか「友だち紹介するね」というような善意に満ちた厄介な申し出だったそうです。

相手は悪気なく言っているので、丁重にお断りするのもかなり神経を使いますよね。

そして、その災難は職場だけにはとどまりません。

知人や親類をはじめ、親の知り合いだという面識のない人までが、寄ってたかって縁談を持ち込んできたそうなんです。

結婚したい人には嬉しい話でも、仕事に打ち込みたい先輩には悩みの種でしかなかったと話していました。

年代とともに変化していく現実

 

簡単にイメージをまとめると次のような感じになりますね。

  • 独身者のメリット→自由、マイペース、気楽
  • 独身者のデメリット→孤独感、疎外感、理解のされにくさ

しかし、これまでのものは主に20代、30代の例を列挙したものです。

次はもう少し先の世界を覗いてみましょう。

周囲の如実な変化

40代、50代と進んでいくと、周辺の様相はガラリと変化します。

  • 縁談を持ち込まれることがなくなる
  • 周囲の厳しかった視線が気遣いの視線へと変わる
  • 孫を持つ友人が出てくる

どれも自然な流れがもたらす変化ですが、結婚したい人にとっては厳しく、また結婚願望のない人にもネガティブな影響を及ぼすこともあります。

先輩は「孫」のインパクトが強かったというので挙げましたが、職場や知人に同年代の未婚者が多かったこともあり、結婚への意識が変わるには至らなかったようです。

冒頭の「結婚しないって決めてるわけじゃないけど、別に一生独身でもいいや」と軽く考えている若い女性、それは過去の自分であると先輩は振り返ります。

結婚したい方向に傾いたこともあるようですが、「結婚生活は大変そう」「仕事に専念できなくなる」という思いが強く、実家暮らしの心地よさを選んだのですね。

実際に実家暮らしの女性未婚者は多く、その選択は決して悪いものではありません。

でも本当に人生は何が起こるかわからないものです。

ある程度の心構えを持ち、準備はしていたつもりでも、予想を大きく上回る出来事が待ち受けている場合もあるのですから。

親の介護、自分の病

すみれ
ここからは、私が趣味で行ったサークルで知り合った方の話になります。

親の介護はいずれ必要になるだろうという想定は皆さんもしていますよね。

その知り合いの場合はある日突然始まりました。

30代後半に突入した頃、還暦を迎えようとしていた母親が事故で要介護者となってしまったのです。

家事と介護をする者が必要となり、彼女は退職せざるを得ませんでした。

そして回復の見込みのない介護の最中に、今度は自分が発病してしまったのです。

命にかかわるような重病ではありませんが、自力で日常生活をおくるのがやっとで、介護すら困難となってしまいました。

幸いにも彼女には兄弟がおり、ケアマネージャーの支援や助言を受け、介護自体はどうにか成り立っています。

しかしながら、世の中には親の介護ができるのは自分一人という人が多く存在し、そのために仕事も結婚も諦めてしまうケースも珍しくないのです。

介護も老後もまだまだ先だと思っている人に考えてほしいのはそこです。

働きたくても働けない、結婚したくても結婚できないという現実は、いつでも誰にでも起こり得るものだということを。

後悔しないための未来設計

未婚者に伝えたいこと

50代くらいまででしたら身体が元気でいる方が多いです。

しかし老いるにしたがって、いつかはそれすらままならなくなる日が訪れるでしょう。

そうなった時、家族に負担をかけたくはありませんよね。

サークルで知り合ったその方は、近い将来、それなりの施設を利用することを今から具体的に検討しています。

そんな彼女が未婚女性に伝えたいのは、わずかでも結婚願望があるなら結婚すべきだということです。

結婚を勧める理由

先に紹介した職場の先輩も、今では若い世代に結婚を勧めるようになりました。

それは家庭を持って苦労しながらも、人間として成熟していった友人たちを目の当たりにしてきたからです。

先輩が子守りを手伝っていた友人は、なんと政治の世界に飛び込んでいきました。

保育園に子どもを預けられず、したい仕事もできなかった経験から、今は充実した子育て環境づくりに熱心に取り組んでいます。

看護師の友人は大病院の看護部のトップまで昇りつめ、3人の子を持つ友人は産休以外はフルタイムで働き続け、やはり管理職に就いているそうです。

キャリアアップに専念できるのが独身者の強みであることは確かです。

でもそれはあくまで「近道」であり、彼女たちのように地道な歩みでもちゃんと結果はついてくるものなのです。

先輩は将来独立して起業することを密かな目標としていましたが、その計画を思い返すと失敗していた気がしてならないと言っていました。

なぜなら我が強くて負けん気ばかりが先走り、起業家として全責任を負えるほど人間として成熟していたとは思えないからだというのです。

中には結婚しなければよかったと悔いている人もいるかもしれません。

しかし、どんな結婚をして、そこから何を得るかも人それぞれなのです。

離婚を経て人として成長し、新たなパートナーとめぐり合う人もいるのですから。

効率的で確実なものへと進化する婚活

既婚者であろうと独身者であろうと、人生に正解も不正解もないというのが私の基本的な考え方です。

結婚したくない人にまで無理に結婚を勧めるつもりはありません。

でも結婚したいと思うなら、出会いのチャンスは自分で勝ち取りにいくべきだと思います。

相手がいるなら尚更、親が元気なうち、自分が健康なうちに早めの結婚をお勧めします。

介護と子育てが重なってしまっては、健康な人でも大きな負担となってしまいますからね。

そして相手がいない人には積極的な婚活をお勧めします。

運命的に出会った相手と恋愛をし、ドラマチックなプロポーズを受けての結婚というのが、多くの女性の理想とするところでしょう。

私も結婚するならそのパターンしか受け入れたくないと思っていた時代がありました。

でも最新の婚活事情を知った時に考え方は大きく変わりましたね。

昔からある見合いや結婚相談所だけでなく、婚活パーティー婚活アプリなど、個人でパートナー探しがしやすい環境へと進化していたからです。

結婚を諦めなければならない事態に陥る前に、何よりもあなた自身が後悔しないために、自分に合った前向きな婚活をお勧めします。

まとめ

  • 結婚に消極的な女性への問いかけ
  • 独身女性のメリット、デメリットに見る要因
  • 年代とともに変化する環境
  • 結婚したくてもできなくなることがあるという現実
  • 結婚と子育てを経て、人として成熟していった既婚者の具体例
  • 結婚のススメ&婚活のススメ

生涯独身というものを考えてみて、あなたはどんな感想を持ったでしょうか。

「私はまだそこまでは…」と思ったとしても構いません。

自分も結婚と向き合うべきだと感じた時、ここで読んだことを思い出してみてくださいね。

すみれ

彼氏と失恋してから恋愛ドラマを見て「こんな恋がしたい!」と空想にふけっていませんか?


「自分磨き!」と言ってメイクアップスクールや趣味に没頭してませんか?


失恋してすぐでしたらそれでも構いませんが、あまり長く続けると結婚に適した時期を過ぎてしまいます。


「出来るだけ早く立ち直って次の相手を見つける。」

これが一番の特効薬になります。


私の高校の同級生が失恋してから趣味に没頭していたのですが、叔母の急死をきっかけに婚活をする!という決断をしました。


ただ、一筋縄では行かなかったみたいなので、私と主人がアドバイスした所、4ヵ月で付き合う相手が見つかり、1年で結婚できました。


結婚報告を聞いた時には主人と共にかなり喜びました。


どのようにして相手を見つけれたか?


ほとんどの方が思っている価値観のおかしい所とは?


詳しいことはこちらを参照してくださいね。




運営者の庄太郎さんと異なり、私は最初から婚活アプリ中心で活動しました。


私が婚活を始めた時は30代も半ばであり、職業も自営業(フリーランス)と言う婚活市場ではかなり厳しい条件で活動しておりました。


中には出会って5分でフェードアウトされたこともあります。


しかし、そこで挫けずに婚活をした結果、私は婚活アプリに登録してから1年で結婚できました。


私のような一般的に条件が厳しいと言われている中でもくじけずに活動すれば結婚できます。


私も婚活アプリに登録する前には色々な婚活を試して挫折し、絶望を味わいました


その時の話はこちらになります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です