婚活でいい人だけど恋愛感情がわかない。その原因とは何か?

「ただいま。」

と言っても返事のない我が家。

手には寄り道して買ったローソンのカルボナーラ。

それをレンジで温めて一人寂しく借りてきた東京ラブストーリーを見ながら食べる日々。

休日にすることはネットサーフィンかDVDを借りにいくくらいしかない。

こんな生活を死ぬまで続けたいですか?

「そんな生活は絶対に嫌だ。」

嫌ですよね。

嫌だと思ったあなたは潜在意識に結婚して幸せな生活を送りたいという願望があります。

「しかし仕事と家の往復で今から出会う時間が・・」

と言う方には、隙間時間でできる婚活アプリで活動することをオススメします。

今の時代スマホ1つで隙間時間に婚活ができます。

わざわざ時間をかけてパーティー会場に出向いたり結婚相談所に行って職員と話し合うことは必要ありません。

「けど婚活アプリって昔出会ってから犯罪に巻き込まれたりとかしてなかった?」

確かにこの手のイメージを持つ方もいますが、これは完全無料のアプリを使ったために起こったことです。

完全無料のアプリは意識が低い人が多く、一夜限りの関係を求めている人も多々います。

そんな所で結婚相手を探しても無駄です。

本気で結婚相手を探すなら「絶対に有料の婚活アプリ」で活動するのがいいですよ。

その中でも31日間無料キャンペーンがあるyoubrideを特にオススメします。

youbrideは婚活をしている上での相談事が発生した場合でも24時間365日でサポートを行っておりますので、迅速に対応してくれます。


さらに、プライバシー保護のため写真の公開も3段階で変更することができますので、状況に併せて公開設定を変えることも可能です。

庄太郎
私がアドバイスした妻の後輩もyoubrideで活動して結婚できております。 さらに、私の友人はyoubrideへ入って1年で結婚できました。

今ではお二方とも温かい手料理に囲まれてテレビを見ながら談笑する和気藹々とした家庭になっております。

友人の方は無邪気な男の子がいて、妻の後輩はお腹に新しい命が宿っております。

私自身この成功を見て幸せに感じております。

この幸せな生活を手に入れませんか?

今なら31日間無料キャンペーンを行っておりますよ。

※社会人が本気で結婚相手探しを行なっている所ですので、18歳未満の方は登録しないでください。

※登録層からして20代半ば以降から活動したら成果が出やすいですよ。

すみれ
婚活をしていて「この人いい感じかも!」と思う相手に出会うことがあると思います。

その時はチャンスです。

しかし、いい人なのに恋愛感情が出てこない・・ということも婚活をしていたらあると思います。

このような場合、どうすればいいか、私や友人の経験を元に紹介します。

婚活中の皆さん、「いい人だけど恋愛感情がもてない」と思ったことはありませんか。

実はこれ、多くの女性が感じていることなんです。

今回は、なぜそういった感情を抱くのか、また、それに対する解決法をご紹介します。

まずはじめに、いい人なのになぜ恋愛感情をもてないのか見ていきましょう。

なぜ恋愛感情がわかないのか…考えられる理由

  • 自分の理想が高すぎる
  • 結婚を意識しすぎて焦っている
  • 相手の情報が少なすぎる

ざっとこんなことろですよね。

それぞれを今から見ていきますが、何も理想を捨てろと言っているわけでありませんし、婚活なので結婚を意識しするのも当然です。

そして、最初に出会ったときに情報が少ないのは、どんな出会いでもそうです。

でも、進展する出会いとしない出会いがあります。

その違いは何なのでしょうか?

理想が高すぎる

もてる男の条件「高3(高学歴・高収入・高身長)」。

最近では「4低(低姿勢、低依存、低リスク、低燃費)」なんて言葉も耳にしますよね。

他にも、「職業は〇〇」「優しい」「料理が得意」「子どもが好き」結婚を考えると、ついつい求める条件が多くなってしまうかもしれません。

好みの男性について考えるのは悪いことではありません。

しかし、提示する条件が高ければ高い程、当てはまる男性は少なくなります。

そして、男性が女性に求める条件も高くなっていくものです。

ついついスペックや肩書に目がいってしまうときは、こう考えてみてください。

もし、不慮の事故で彼が寝たきりになってしまったら…彼が築きあげた肩書やスペックは崩れ落ちてしまいます。

『彼の強み、スペックがなくなったとき「それでも彼を支えたい」と思える相手かどうか?』

婚活では、それでもいい!と思える相手を見つけてほしいのです。

とは言っても、なかなかそんな相手は見つかりませんよね。

そんなときは、「絶対に嫌な条件」を書き出してみてください。

あれもこれもいいなー!と目移りしてしまう条件も、「これは嫌だ」っていう条件はそんなにいっぱいないですよね。

私が婚活していたときに、実際に出した条件がこちらです。

  • 今住んでいる所から離れたくない
  • 相手の実家と密な付き合いを求めない
  • マイナス思考じゃない人

このぐらいでした。要はめんどくさいのが嫌いなんですよ。

そういう「絶対に嫌な条件」だけは変えないようにして、相手を探したら今の夫に出会えました。

理想の条件だけをどんどん積み上げていくと、どんどん現実離れして結婚相手や結婚生活への理想だけが独り歩きしてしまいます。

自分の足元をちゃんと見て、視野を広げることは婚活する上では必須です。

「絶対に嫌な条件」を明確にしておくことで、絶対に担保しておきたい条件レベルは保ちつつ、理想を掲げるだけでは出会えなかった相手との接点も作ることができますよ。

結婚を意識しすぎて焦ってはダメ

婚活をしている方の中には、同年代の結婚ラッシュからの焦りで始めました!

なんていう声も耳にします。

婚活で焦りは禁物です。

全員が結婚を意識して集まる婚活の場で、焦ることが禁物なのは意外なのではないでしょうか?

しかし、全員が結婚を意識しているということは、競争率も激しいということです。

男性側から見ると、焦っている女性というのは無理やり丸め込まれてしまいそうな、強引に結婚に踏み切られてしまいそうな怖い印象を受けます。

結婚を意識するあまりに、吟味しすぎてなかなか相手を見つけられないスパイラルにも陥ります。

周囲の状況、友人、家族からの言動で焦りを感じることもあるかもしれませんが、焦ってもいいことはありません。

そういった感情ほど相手の男性に伝わって引かれてしまうなんてことにならないよう気をつけたいですよね。

大切なことなのでもう一度言います、婚活で焦りは禁物です。

私がまだ独身だった頃、母校の先生に言われたことがあります。

「結婚まだか?でも焦るなよー焦って結婚したらカス掴むぞ〜。

これは本当にそうだと思います。

「恋愛のときは両目でみて、結婚したら片目でみろ」

昔の人はいいこといいますよね。

つまり、結婚前に焦ってちゃんと相手を見極めないとひどい事になりかねないのです。

婚活中でも条件が良く、比較的良い出会いに恵まれやすい男性というのは、気持ちに余裕があります。

気持ちに余裕のある人は冷静に相手のことを見ていますから、相手が焦っているかどうかはすぐにわかってしまうのですね。

そして焦っている状態の相手を自分の結婚相手候補に選ぶことはまずありません。

焦っている女性に捕まる男性というのは、もれなくイマイチな男性ですから、焦りというのは絶対に良い結果を生み出さないとしっかり覚えておいてください。

相手の情報が少なすぎる

婚活の場って相手と話す時間も限られていますし、恋愛感情を持つのは難しいですよね。むしろそこでビビッときたら運命かもしれません!

「いい人なのに恋愛感情がもてない」と悩んでいる多くの女性は出会って間もないことが多いです。

結婚を決めたからには、その方と一生添い遂げたいですよね。

時間をかけて相手のことを少しずつ知っていくことも大事です。

はじめは、結婚を意識せず軽くお茶から…というのもいいのではないでしょうか。

気づかないうちに「一緒にいて心地いい」が好意に変わっているかもしれませんよ。

婚活といえども、全く知らない者同士の出会いなのですから、ある程度の時間をかけて相手のことを深く知ることは大切です。

出会ったばかりで相手のことを良く知らず、だからこそ恋愛感情がわかないのは当たり前。

不安に思ったりせずに「少し興味あるな」くらいから、少しずつお互いのことを知っていけばよいのです。

巡り合うための準備としてすること

 

婚活で「恋愛感情がもてない」理由を見てきましたが、ここからは理想の相手を見つけるために考えておくべきことをご紹介します。

それは、自分のタイプ分析をすることです。

これをしている人と、していない人では婚活の期間に大きな差が出てきます。

例えば、「いい人がいたら結婚したいけど…」女子会でよく聞く会話ですが、あなたにとっての「いい人」とはどんな人ですか?

  • 一緒にいて落ち着く人
  • 収入が安定している人
  • 家事を分担してくれる人(共働きの場合)
  • 価値観が合う人

人によって好きな人のタイプは異なってくるんです。

まず、自分のタイプ分析から始めてみましょう。

タイプ分析といっても難しいことではありません。

ただ自分の好みの条件を箇条書きで書いていけばいいんです。

条件は少なすぎず、多すぎずがポイントです。

(多すぎるとはじめに書いた理想高すぎ女子になってしまいます。)

見た目から価値観まで入れてだいたい7~8個以内に納めるのがいいでしょう。

絶対に譲れない点だけ書くのもいいかもしれませんね。

自分の好きな人の条件を実際に書いてみることで、具体的な好みがわかります。

自分自身のことですが、頭の中でなんとなくわかった気になっていることと、紙に書いて具体化しておくことでは、結果が全く違います。

目に見える形にしておくことで、万が一判断に迷った時も冷静になることができるのです。

直感的にいいなぁと思う男性がいても、条件に合わないものが多ければ、それがただの直観なのだと割り切ることができ、効率的に婚活できます。

婚活で条件に合う人がいたら?

 

タイプ分析をして婚活でタイプにおおかた合う人を見つけたとき、どのように行動したらよいのか。

皆さんがあげた条件の中には、相手を知ることで見えるものもあるかもしれません。

例えば、上であげた条件からいくと、この2つはその場での見極めが難しい点になります。

  • 一緒にいて落ち着く人
  • 価値観が合う人

出会った場所が婚活パーティーなどにぎやかな場所であれば、一度落ち着いた場所でゆっくり話してみることをおすすめします。

その時に特にチェックしてほしいことは

  • 相手と一緒にいる時に過度に気を遣っていないか
  • 話の中身や口調、態度に違和感を感じないか
  • 会話が途切れてしまった時も気まずい雰囲気が流れないか

要は『自分と相手のフィーリングがあうかどうか』です。

ここで何か違和感を感じたり、不安を感じたりしたことに目をつぶってしまうと、後々思ったよりも大きな不具合になってしまうということもあります。

その時に結婚前ならまだ何とかなりますが、結婚してしまった後だと取り返しがつきませんよ。

先ほどお話しした「焦ると良いことはない」と同じですが、小さな違和感を感じたら、その原因が何なのか、それは解決できることなのかとしっかりと吟味してくださいね。

実際にタイプの人と出会ったAさんの話

実際にタイプ分析をしてゴールインした私の友人、Aさんの例を紹介します。

(ちなみに彼女が絶対に外せない条件は、この5つでした)

  • 顔が塩顔であること
  • 性格がおおらかなこと
  • 安定した収入があること(年収400万以上)
  • 食べることが好き
  • 笑顔が素敵(あくまで彼女判断ですがこういった条件も含めていいんです笑)

Aさんはとある大型婚活パーティーで素敵だなと思った男性と出会い、後日2人で会うことになりました。

参加したパーティーはプロフィール内の項目で年収や年齢、趣味が確認できるものだったので、まず年収と趣味(食べ歩き)はクリア。

そして、顔も彼女のタイプだったようです。

ただ、引っかかることが1点。

その男性、良く言えば「静か」、悪く言えば「無口」なタイプだったんです。

「1回2人で会ってみてあわなかったらお別れしよう」と軽い気持ちで後日会ってみたそうです。

すると、会ってみてびっくり!

パーティのときは口数が少なかった彼と驚く程、会話が弾んだんです。

聞いたところによると、初めての婚活パーティーで緊張してうまく話せなかったのだとか。

この後、何度かシチュエーションの違うデートもしましたが、どんな場でも彼とは不思議と安心して一緒にいることができました。

Aさんは婚活パーティーで感じた小さな違和感を、実際にデートを重ねることで解消できたのですね。

皆さん、もう想像している方もいるかもしれませんが、この後2人は意気投合し無事ゴールインしました。

更に婚活の成功率を上げるコツ

 

タイプ分析などを通して相手へ求める条件を適正化し、実際に良いなと思える人に出会え、デートの約束まで取り付けたら…

この絶好のチャンスを逃さないために、あと一歩、準備をしましょう。

それは『コミュニケーションの取り方』です。

嬉しさや緊張のあまり、自分のことばかりをぺらぺらと話してしまい、相手に引かれてしまった…そんな失敗談は実は多いのです。

婚活に限ったことではありませんが、コミュニケーションの上で大切なことは『相手の話に耳を傾ける姿勢』です。

相手の話を過度でないリアクションもしながらよく聞き、そして相手が投げてくれたボールを上手くキャッチするように、自分のこともきちんと伝える。

この会話のキャッチボールはとても大切です。

相手が入ってくる隙がないほど一方的に喋ってしまったり、相手からの質問をよく聞いていなくてちんぷんかんぷんな答えを返してしまったりしては、続くものも続いていきません。

また、違う自分を演じるのもやめましょうね。

本音を話していないのは、不思議と相手には伝わってしまいます。

会話のつじつまが合わなかったり、表情の違和感や目線が泳いでいたり…必ずそういったところに出ますので、それでは相手の信用を損なってしまいますよ

また、もしも上手く自分の好みのタイプを絞り込めなかったり、本当に自分と相手が合っているのか自信が持てない時は、ぜひ結婚経験のある年長者にアドバイスを求めてみてください。

もしも周りに婚活経験者がいればベストです。

婚活の先にある結婚生活という視点から、先を見据えた意見が聞けますよ。

まとめ

  • 恋愛感情が持てない原因の多くは「理想が高い」「焦っている」「情報不足」
  • これらの原因は全て、自分次第ですぐに解決することができる
  • タイプ分析をして自分の好みを知ることで、効率的な婚活に繋がる
  • 婚活の場以外で会って相手を知るのは大事
  • 自分のことを知ってもらうのも大事なので、コミュニケーションをとりましょう
  • タイプ分析が難航するときは、年長者の意見を聞いてみて

私の周りにおいて、親や年上の友人などに「本当にその人で大丈夫?」や「その人やめときなさい」と言われたけど「タイプだし好きだから」と結婚してうまく行った人はいません。

今の所100%離婚しているので、周りの意見を聞くのは大事です。

きちんと分析をして、実りのある婚活ができるといいですね。

なお、私は婚活で主人と巡り合い、結婚をしました。

私の主人は、私と巡り合う前に婚活サイトに登録し、婚活パーティーを主とした婚活を4年ほどしていました。

その時の経験談で、「これはドン引きするな」と感じた女性を見てきております。 私自身、主人から話を聞いたときには引いてしまった女性もいます。

その経験談はこちらになります。

このような行動をとられている方は、ぜひ改めてくださいね。

今までの婚活で出会った!男性がドン引きする女性のパターンは?

2018年8月26日

男性バージョンはこちらになります。

今までの婚活で出会った!女性がドン引きする男性のパターン

2018年8月25日

さらに、「適齢期を過ぎてしまったからねぇ・・」という方もいるかもしれません。

そういった方は、こちらの記事を参考にしてください。

適齢期を過ぎた方でも結婚できたパターンを主人は見てきております。

婚活で出会った!厳しいと思ったが結婚できたパターン 女性編

2018年8月29日
すみれ

彼氏と失恋してから恋愛ドラマを見て「こんな恋がしたい!」と空想にふけっていませんか?


「自分磨き!」と言ってメイクアップスクールや趣味に没頭してませんか?


失恋してすぐでしたらそれでも構いませんが、あまり長く続けると結婚に適した時期を過ぎてしまいます。


「出来るだけ早く立ち直って次の相手を見つける。」

これが一番の特効薬になります。


私の高校の同級生が失恋してから趣味に没頭していたのですが、叔母の急死をきっかけに婚活をする!という決断をしました。


ただ、一筋縄では行かなかったみたいなので、私と主人がアドバイスした所、4ヵ月で付き合う相手が見つかり、1年で結婚できました。


結婚報告を聞いた時には主人と共にかなり喜びました。


どのようにして相手を見つけれたか?


ほとんどの方が思っている価値観のおかしい所とは?


詳しいことはこちらを参照してくださいね。




運営者の庄太郎さんと異なり、私は最初から婚活アプリ中心で活動しました。


私が婚活を始めた時は30代も半ばであり、職業も自営業(フリーランス)と言う婚活市場ではかなり厳しい条件で活動しておりました。


中には出会って5分でフェードアウトされたこともあります。


しかし、そこで挫けずに婚活をした結果、私は婚活アプリに登録してから1年で結婚できました。


私のような一般的に条件が厳しいと言われている中でもくじけずに活動すれば結婚できます。


私も婚活アプリに登録する前には色々な婚活を試して挫折し、絶望を味わいました


その時の話はこちらになります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です